児童心理治療施設 桜学館

児童心理療育で健やかな学校生活を。児童心理治療施設 桜学館[岐阜県関市]

社会福祉法人桜友会桜学館 > メッセージ・桜学館基本方針
桜学館の申込窓口 桜学館へのお問い合せ
桜学館トップページ 桜学館の理念 桜学館の御案内 桜学館の一日 桜学館のよくある質問
タイトル
私たち人間を取り巻く世界は、日に日に目まぐるしく複雑に変動し、生きにくい世の中と言われています。成長途上にある子どもにとってはなおさらです。成長過程のどこかで、壁にぶつかったり、つまずいたりしても不思議ではありません。そんな時、家庭で見守っていくということも大切ですが、少し距離をおいて第三者の手助けを得ることも効果的です。
医師、セラピスト、指導員、そして教師が連携をとり、子ども達にあったペースで、本来の自分を取り戻すお手伝いを目指します。
また、子ども達への適切な関わり方、家族支援、家庭環境の調整を行います。

児童福祉法に基づく児童心理治療施設として、さまざまな情緒的な困難を抱える児童に対して、
総合環境療法に基づき、入所及び通所による治療を行う。

生活治療・心理治療・学校教育が連携をとり、福祉,医療、教育が一体となった機関として、次のようなことを保障してゆく。
1、基本的人権の尊重、人としての尊厳にふさわしい生活の保障。
1、情緒の安定と自己意識の保障。
1、個別性への援助、人格形成、自己実現の保障。
1、健全な集団との関係の保障。
1、主体的選択の保障。
1、意見表明権の保障。
1、教育を受ける権利の保障。
1、健全な親子関係、家族関係を形成・保持することのできる保障。
1、社会生活への準備と参加の保障。

基本方針
1、安定した学館運営。
2、子どもの基本的人権と主体性を尊重した支援。
3、児童心理治療施設としての特性を生かした治療プログラム。
4、児童と老人の交流事業の促進。
5、働く意欲のある職場作り。